たるみ治療はクリニックで解決~美しい顔を手に入れる方法~

ナース

原因と施術の方法

鏡を見る人

骨格と皮下脂肪

顎のたるみは、骨格が原因となっている場合と、皮下脂肪が原因となっている場合とがあります。骨格に原因がある場合は、シリコンプロテーゼを挿入する手術によって、解消することができます。挿入すると、顎はそのシリコンプロテーゼの形状に応じた形になるのです。シャープな形にすることも、丸みのある形にすることも可能なので、好みを反映させやすいことから人気があります。皮下脂肪に原因がある場合には、それを除去すればたるみもなくなります。具体的には、脂肪吸引術によって、顎から脂肪を抜き取るのです。抜き取ることで、顎だけでなく頬のたるみもある程度除去されるため、フェイスラインがスッキリとした状態になります。痩せて見えるようになるため、その点でも高く評価されています。

注射でも整形が可能に

さらに昨今では、注射による顎のたるみの改善もおこなわれるようになっています。具体的には、原因が骨格にある場合は、ヒアルロン酸が注射されます。ヒアルロン酸もシリコンプロテーゼのように、皮下で形状を保つことができます。そのため顎の先端に注入すれば、その分顎が細く伸びたようになり、シャープに見えるようになるのです。原因が皮下脂肪にある場合には、脂肪溶解注射がおこなわれます。これは文字通り皮下脂肪を溶かす作用のある注射で、これにより皮下脂肪はドロドロの状態になり、その場から流れ出ていきます。それに伴い、たるみのないスッキリとした顎になっていくわけです。手軽さから、こういった注射による顎整形の需要は、高まっていくと考えられています。

Copyright© 2016 たるみ治療はクリニックで解決~美しい顔を手に入れる方法~ All Rights Reserved.